家族のことを思うなら生前整理をしておこう

作業者

終活を始めるポイント

部屋

余分な品物を片付けよう

我が子が独立し、自分も定年退職をして第二の人生を始める時期になると人は老後について真剣に考え始めるものです。前向きな老後生活を送る事を意味する終活という言葉もよく耳にするようになりました。終活の一つに生前整理があります。生前整理は自分の死後に家族が遺品整理や財産分与などで悩まないように処理しておくことです。家財道具や洋服など必要不可欠なものだけを残し家や土地、預金、貴重品などの財産を生前贈与したり遺書などを作っておきます。生前整理をすることで家財道具などが少なくなり家の中がすっきりします。高齢になると人は体力が落ち身の回りの事をするにも大変になってきます。そうならないうちに早めに生前整理を始めることが大切です。しかしいざ始めるとなると、どこから手をつけていいかわからない人も多いのです。そのため生前整理をするには専門業者に依頼をすることがおすすめです。専門の業者は依頼主の要望に従って必要なものと不用品を仕分けしてくれます。不用品は廃棄処分にするほか、買取をしてくれる場合もあります。大型の家具や家電などの不用品を処分する場合はリサイクル料や運搬費などが必要です。業者に買取してもらえばその費用を抑えることができます。また自治体のゴミ施設に大型の不用品の収集を依頼すると家の外に運び出しておかなければなりません。生前整理業者に依頼すれば重い家財道具の移動に苦労することはありません。また業者は片付けが終わった住居の清掃をするだけでなくリフォームなどを請け負うところもあります。

ダンボール

生きているうちにすること

財産や物を残された遺族はその処分に困ることになります。誰にでもやってくる死ですが、亡くなる前に遺品となるものを整理することで、安心して死ぬことができます。特に財産を持っている場合には、遺産相続に争いが起きないように生前整理しておくことが大切です。

ダンボール

遺族の負担を減らすには

終活とは就活をもじった言葉です。その終活をするのに生前整理があります。生前整理をすることで遺族の負担を減らすことができます。業者に依頼すればスピーディーに作業をすることができます。費用はケースごとに違ってきます。事前に見積もりを出してもらうことが大切です。

男性

人生の宝箱

生前整理は、この世との関係を断ち切るための作業ではありません。残された人生を豊かに過ごし、誰に終焉を迎えたあとを託するかを見つけるための縁づくりでもあります。生前整理を専門業者に依頼するメリットは、思い出の品々を大切に扱いながら整理し不用品の処理や清掃まで行ってくれることです。